こだわりの味

あなたに伝えたいおばあちゃんの味

手づくり 想いを大切に

久保田の水羊かんは、お客様にご注文を頂いてから一釜、一釜ていねいに炊き上げます。
それぞれの材料の特徴を活かすために、手作業でゆっくりと混ぜ合わせ、素材がもつ旨みを最大限に引き出しています。

今も昔も変わらない『手作り』への想い。
味を守り続けていく『伝統』への想い。

それは創業当初からずっと変わらない、今も毎日製造している80歳のおばあちゃんと、それを代々引き継いでいる3代目の共通の想いでもあります。

伝統の味
福井名物冬季限定水ようかん

福井の文化を大切に

全国的には夏の涼菓子として知られる水羊かんですが、福井では冬に、紙箱に直接流し込まれた冷たい水羊かんを、暖かな部屋で一切れずつ木ベラで食べるという風習があり、冬の代名詞として広く知られています。

なぜ、冬に食べるのか。その理由は諸説ありますが、はっきりとした理由は現在も分かっていません。
久保田製菓ではその福井の食文化をずっと大切に守っていきたいと考えています。その為、冬季限定(10月末~3月下旬)の製造・販売とさせていただきます。
(地方発送用は液漏れ防止のため、パックでのお届けになります)

材料・素材を大切に

久保田の水羊かんは『おいしいものを安全に召し上がっていただきたい』という想いで防腐剤や甘味料など添加物を一切使わず製造しております。
福井の水羊かんの隠し味でもある黒糖は、沖縄の波照間島で太陽の恵みを浴びて育ったミネラルをたっぷりと含んださとうきびを使用しております。

沖縄波照間島産 さとうきび
こだわりの水羊かん01
こだわりの水羊かん02
こだわりの水羊かん03